マネーフォワードクラウドを使っての初めての確定申告

2022年まで個人事業主・法人ともにクラウド会計ソフトとしてfreeeを利用していました。

freeeは簿記の素人でも導入しやすく数年間利用していました。

2023年になって「IT導入補助金」を申請してみようと思い立ったところ「クラウド会計ソフトの新規導入」が必須条件となっていました。

法人の確定申告は、freeeを使っている事業所なら格安で請け負ってくれる税理士事務所に依頼している(マネーフォワードクラウドには非対応)ことから乗り換えることは難しいです。また、個人事業主で必要最低限+αの機能だけでよければfreeeよりもマネーフォワードクラウドのほうが利用料金が安いです(逆に法人は大差なし)。そこで個人事業主だけ補助金申請することとしそのタイミングでfreeeからマネーフォワードクラウドへと乗り換えることにしました。

マネーフォワードクラウドは簿記の知識がないと最初は苦労するかも知れませんが少し使えば慣れると思います。こんな流れで2023年の途中から乗り換えたマネーフォワードクラウドで初めての確定申告を行なうことになったので備忘録としてその流れを記録しておきました。

注意)電子申告を行うにあたってはe-TAXの利用者識別番号が必要となります。持っていない方は先にe-TAXのサイトで利用者識別番号を取得しておいて下さい。

メイン操作はPCで

確定申告において紙は1枚も使いたくない私は「電子申告」一択です。ただ、確定申告を電子申告で行うにあたってはマイナカードの読み取りが必要となります。私のようにマイナカードを読み取れるPC用のカードリーダを持っていない場合にはスマホ+マイナカードでの申告となります。

スマホ+マイナカードだけでも電子申告は完結できるのですが、老眼が進んでいる身としてはできるだけ大画面で操作・チェック・修正をしたいため、できるところまではPCで進めることにしました。

まずはマネーフォワードクラウドのトップページへ。

上段の黄色い「2023年度確定申告」を押すと確定申告のページへ遷移します。あとは左のメニューに沿って進めていけばいいようです。

毎日のように記帳しているのでこのタイミングで慌てて入力するお金の移動は一切ありません。ただ、マネーフォワードクラウドとしては初めての手続きなので個人情報関連の項目はひとつひとつ入力していく必要がありました。住所、氏名、扶養家族、マイナンバー等々は次年度以降自動的に反映されるのかな?

それ以外としては、日々の記帳とは別の控除の項目(生命保険料やiDeCo等)を一通り入力し最終画面へ。すると

納税額 0円

ですよね、赤字なんですから。

念のため下段の「申告書等を確認」「決算書を確認」でPDFをダウンロードし内容が正しいかの最終確認を行いました。ここでいくつかの勘定科目の間違いを発見→修正→チェック→発見、、、を数回繰り返し最終版と思えるところまで作業を進めました。

PCでの操作はここまで、ここから先はスマホのようです。

提出はマイナカードを読み取れるスマホから

PCでやれることはすべて終わらせてからスマホでマネーフォワードクラウド確定申告アプリを立ち上げます。

「確定申告」のページ

スマホアプリの「確定申告」をタップ。4まではPCで行ってきたのでスマホでやるのは「5 申告書の提出」だけです。

「提出書類の確認」のページ

マイナンバーを入力していない場合はここで入力します。

PCで全て処理しているのでここでは何もすることなく「次に進む」。

「提出の準備」のページ

デフォルトでチェックされているのでここも何も触ることなくさらに次に進みます。

「申告書を提出する」のページ

ここでe-TAXの利用者識別番号が必要となります。

「次に進む」でいよいよマイナカードの出番です。

署名用パスワード、利用者証明用パスワードはともにマイナカード作成時に登録したパスワードです。上記のe-TAXの利用者識別番号取得時に登録したものとは違いますので間違えないように。

マイナカードを読み取るとそれで申告が完了、なんか素っ気ないです。

マイナポータルにメッセージ

申告完了と同時にマイナポータルにもメッセージが届いていました。

これで全て完了。

このようにfreeeやマネーフォワードクラウドを使えばスマホ+マイナカードだけで確定申告の電子申告ができます。ちなみに、私は数年触っていないe-TAXですが、そちらでも電子申告できるはずです。ただ、今はわかりませんが数年前まではクソみたいなUI/UXでとても触る気になれませんでした。

電子申告なら今の時期もれなく大混雑している税務署に行く必要がありません。また、税務署に行くのが面倒だからと申告書を紙で作って郵送する必要もありません。ぜひともマイナカードを使ってDX化して下さい。

ブログ

Posted by hinoeuma_1966