ビジネス用途ではメリットを感じにくいLCC

約1週間後に北海道に出張することになりました。この予定があったため、先日のブログで書いたカードの利用限度額増額を行っていました。

LCCが飛んでいない旭川空港

北海道には現在定期便が就航している空港が何と12もあります。そのうち、北海道の玄関口として特に有名なのは新千歳空港。新千歳空港には国内線だけでなく国際線もありますしLCCも多数飛んでいます。ただし、今回の私の行き先は札幌ではなく旭川。

旭川空港は国内線のみで羽田発着、日本航空、全日本空輸、エア・ドゥ、スカイマークが就航しています。逆に言えばLCCはありません。そして便数もごく限られています。その結果、航空券が高値安定。数ヶ月前から準備する個人旅行であれば早割等を使って安い航空券をゲットできる場合もありますが、数日後に利用するようなビジネス用途の場合、ほぼ定価でしか購入できません。

今回、出張が決まり初めて航空券を調べてみたのですが、、、高っ!ざっくり片道3万円コースです。1泊2日コースだと7万円超。円安になった最近のことはよくわかりませんが、7万円払えばアジアぐらいなら2泊3日でも十分行ける金額なのでは?

LCC≠安い

仕方なくLCCでの移動も検討することにしました。LCCの場合、羽田ではなく成田から新千歳。ピーチ、ジェットスター、SPRING(春秋航空)が飛んでいます。

こちらもざっと調べたところ、直近の日程でも往復+1泊で2万円台から見つかりました。ただし、その金額で利用できるのは早朝便。成田に7時台はかなりしんどいですし、帰りも早朝では現地でその日の仕事が全くできません。

さらに、新千歳から旭川までの移動もあります。イメージ的に近いように見えますが実は150km以上も離れており、車でも電車でも移動に約3時間かかります。この移動時間も考慮し、前日午後移動、前泊、翌日に現地で仕事を終えてから帰路、という感じで往復ともに都合のいい便に変更しようとすると、、、えっ?5万円超え!

LCC=格安、個人旅行に最適!というイメージですが、それは数ヶ月前から手配している場合のみでしょう。早割だとたまに千円台なんてこともあるようですが、直近の場合だとLCCのメリットを全く見い出せないようです。

追加の移動時間、交通費も無視できない

取りあえず概算イメージを掴むためにシミュレーションしてみました。モデルケースは池袋駅から旭川駅まで。

旭川空港利用の場合

池袋駅から羽田空港駅までの移動にはいくつかのルートがありますが、私は時間の読めないバス移動が嫌いなためそれは割愛します。

1)モノレール利用:移動時間約1時間、766円(ICカード)

2)京急利用:移動時間約1時間、566円(ICカード)

さらに旭川空港から旭川駅までの移動もあります。こちらの移動はバス、またはタクシーしか選択肢がないため、仕方なくバスで計算します。

・バス移動:移動時間約45分、750円

すなわち、飛行機の所要時間以外に片道約2時間、1,500円前後必要となります。

新千歳空港利用の場合

LCC利用の場合は成田空港~新千歳空港ということになります。

1)スカイライナー利用:移動時間約1時間30分、2,934円(ICカード)

2)JR特急利用:移動時間約1時間30分、2,325円(ICカード)

さらに新千歳空港から旭川駅までの移動もあります。

3)JR特急利用:移動時間約2時間30分、5,480円(ICカード)

4)札幌から高速バス利用:移動時間約3時間、3,450円

片道約4時間から4時間30分、8,000円前後かかる計算です。

すなわち、LCCを利用した新千歳空港経由の場合、旭川空港利用に対して往復で+5時間、+13,000円かかるイメージです。ちなみに飛行機の移動時間はどちらもほぼ同じぐらいです。

判断の基準点

LCC特有のシートの狭さ(私は身長178cm、体重75kgぐらいあります)、さらには全体の移動時間の短縮による体の負担も考慮すると

往復の航空券+1泊の価格差が20,000円以下なら旭川空港を利用

と判断します。

まだ最終的なスケジュールが決まっていないので現在はここまで。スケジュールが決まり次第、もう一度調査しどのルートを使うか決定させます。

ブログ

Posted by hinoeuma_1966