「Nexus Card」デポジット式クレジットカード

2023-08-08

今後の事業展開を鑑みてクレジットカードを作ることにしました。

時代はキャッシュレス

インターネットが普及し生活がDX化している現在においては、生活の隅々までキャッシュレスが行きわたるようになりました。ネット通販、移動の交通手段やホテルの手配等、大概のことはキャッシュレスになっています。決済手段に関しては、少額であれば古くはEdyやSuica/Pasmo、最近であればPayPayなどでも対応可能なものが多いのですが、一般的にはクレジットカードで決済することが大半でしょう。

デビットカードの限界

クレジットカードと似たような決済手段としてデビットカードがあります。これは銀行の口座と紐づいており、口座残高までしか決済できない変わりに、クレジットカードのような審査もなく、口座を開設できれば自動的にこの機能が付与されるところもあります。

私が以前に法人用に新規開設した口座

【GMOあおぞらネット銀行】

これにもデビットカードが自動付与されています。

先のブログに記載したとおり、ネット系銀行においては口座振替機能が一部しか使えなかったり、そもそも社会保険料の引き落としができないなどのデメリットがありますが、私の場合、東京の法人であることも理由のひとつですが、法人に関連する経費は社会保険料を除き全てデビットカードや口座振替で対応できています。

それでもデビットカードは万全ではなく、一部(そこそこ多く?)のサービスでは利用できません。例えばカーシェアリング。現在はレンタカーを借りる機会もなくなったため特に困ってはいませんが、決済手段の登録ができず会員情報が宙ぶらりんになったままです。他にもいつデビットカードや口座振替が使えない状況になるかはわかりません。その時に慌てて動いても間に合わないため、別の決済手段は事前に準備しておく必要があると考え、このたびクレジットカードを作ることにしました。

個人情報が毀損

私はとある金融機関の不正融資事件に巻き込まれてしまい多額の債務を負わされてしまいました。その後、不正の加害者側とは約3年、司法の場で争いつつ、並行してその他の債権者側に対しては弁護士を入れて債務整理を進めてきました。債務整理に取り組むことにより、それまで保有していた多数のクレジットカード(プラチナやゴールド含む)は全て消滅しました。

司法の場において、不正の加害者側から一定の譲歩を引き出しましたが債務完済にはほど遠い雀の涙程度。そこで仕方なく保有していた収益用不動産を全て売却し債務返済に充当しました。その結果、(現時点においては)自己破産や個人再生には至らずに済みましたが、それもまだ多額の債務を背負ったままであり、向こう10年近く月々の返済を続けていかなければならない状況です。

自己破産も個人再生もしておらず、さらに債務整理により全ての債権者とは返済条件の合意ができている、こんな状態ではありますが、この状態に陥ったことにより私の信用情報は大きく毀損、いわゆるブラックリスト入りとなりました。

信用情報は3つの会社で管理されており、その情報は2社で5年、1社で10年保持されます。一般的に信用情報がブラックの状態を保持されている間はクレジットカードが作れない(作りづらい)と言われています。また、この期間が過ぎたとしても、その間のクレヒス(クレジットカードの利用履歴)が全くないというのはやはり不安を与えてしまいます。さらに、クレヒスが全くないことはホワイトと呼ばれ、これはこれで不安を与えてしまうのです。アラ還のおっさんのクレヒスが過去数年間全くない、これは「ここ数年以内に何らかの問題があったのだろう」と想像されてしまうのです。

ちなみにデビットカード決済の実績は、クレヒスの積み重ねの対象外です。そもそも口座残高分しか使えない、これはすなわち手元のキャッシュをデジタル的に移動させているだけなので信用情報には関係ないのです。

ブラックリストでも作れるクレジットカード

信用情報が毀損している人でも作れるクレジットカード、それはもうデポジット型のクレジットカード一択!と言っても過言ではないでしょう。

信用情報が毀損しているということは、その人に対する与信がない=支払い能力に不安がある、ということです。この支払い能力の不安を解消させる手段としてデポジット(保証金)を活用し、そのデポジットを限度額としてクレジットカード機能を使えるようにしたものです。

このようなサービスを展開している会社は複数あるのですが、その中でも多く利用されているのが

【Nexus Card】

です。

デポジットは賃貸住宅で言えば敷金のようなもので預けておくだけ、通常の月々の返済は口座から引き落としとなりこの部分においてはクレジットカードと何ら変わりません。賃貸住宅の退去時同様、カードを解約する際にはデポジットは当然返金されます。

私でも作れたNexus Card

デポジット型のクレジットカードでも審査はあるのですが、かなり通りやすいと評判です。実際、10社以上の返済が滞った多重債務者として信用情報が真っ黒になっている私ですが、そんな私でもNexus Cardが手元にやってきました。

ちなみにですが、カードの新規作成の申込みや結果も信用情報に載ります。カードが作れなかった情報が新たに加わってしまっては信用情報のリセットまでがさらに長引くことから、ここで審査に落ちるわけにはいきません。そこでまずは最低限の「デポジット5万円」で申し込み、無事にカード発行となりました。

このカードの利用目的

ここからはクレヒスの積み上げを目指していくことになります。「デポジット5万円」は1ヶ月に5万円まで使えるというわけではありません。カードを利用する際には、利用日から決済までにタイムラグがありますし、決済からデータリセットされるまでにも数日のラグがあります。超ざっくりですが、私はデポジットの半額ぐらいまでが確実に利用できる金額と思うことにしています。

このカードに関しては

  • クレヒスの積み上げ
  • 突発的な状況においてクレジットカードしか使えなくなった場合の代替手段

クレヒスの積み上げのためには少額で毎月一定額(またはそれに近い)の利用料金の支払いに充当させること、それが突発的な対応の際にも効いてくると考えました。そこで当面はスマホ及び自宅のネット回線の利用料の支払いにのみ、使うこととしました。

デポジット増額

既に数ヶ月利用しており何ら問題ないのですが、この夏の間に地方への宿泊を伴う出張の可能性が出てきました。その際の交通手段やホテルの決済にこのカードを利用しようと考えているのですが、さすがにデポジット5万円では心もとないと感じたため、デポジットを増額することにしました。

増額の申請は簡単、Nexus Cardのサイトからフォームで増額申請 → すぐに審査結果がメール届く → 指定の口座にデポジットを振込 → 着金確認メールが届きその時点で利用額の増額ができている、という流れです。

デポジット10万円あれば、1泊2日程度の出張なら問題なさそうです。

普通にクレジットカードがまた作れるようになるためには、一声5年は辛抱することが必要と言われていますが、その5年の間に並行して地道にクレヒスを積み上げておく必要があるのです。その手段のひとつとして、デポジット型のクレジットカードの利用は選択肢に入ると思います。ただし、ここで返済を焦げ付かせては何ための利用がわからなくなってしまいますのでご利用は計画的に。

ブログ

Posted by hinoeuma_1966