【交通違反】審査請求における弁明書に対する反論

先日、見慣れないところから1通の封書が届きました。

見慣れないとは言え、ここから来るということはアレでしょうね。

【交通違反】不正な取締りに対する審査請求

審査請求を送った部署とは違うところからの返信でした。

弁明書の送付と反論書面の提出案内

封筒の中身は「警視庁からの弁明書」と「この弁明書に対する反論書の受付案内」でした。

私が令和4年2月1日に提起したものに対して6月13日付での返信とはさすがお役所仕事。にも関わらず反論は6月29日までとは、彼らの時間軸のセンスが全く理解できません。

審査請求の内容

まず最初に私の主張を再度明確にしておきます。私の主張は

  • 法的根拠のない規制標識(日、時間を限定した指定方向外進行禁止、要するに右折禁止)に基づく取り締まりは不当・不法行為である
  • 不当・不法な取り締まりによる反則点数の加点の結果としての行政処分(30日の免停)も当然に無効である

弁明書の内容

弁明書の発行元は警視総監(警視庁)。今回の審査請求は

  • 処分庁:警視庁
  • 審査庁:東京都公安委員会

となっているようです。その処分庁たる警視庁の主張は

本件審査請求を棄却するとの採決を求める

取り締まりを行った警察からすれば、それがどんな無茶苦茶な取り締まりだっとしても一度(実際には二度)切符を切ってしまった以上、その正当性を主張し続けるしかないのでしょう。

処分庁が棄却を求める理由

弁明書にタラタラ書いてありますが、要するに「規制標識は交通規制基準に基づいて正常に設置されており、取り締まりも正当なものである」ということでした。その根拠としてわざわざ取り締まり現場の規制標識の設置位置をも記載してきました。それによれば

  1. 第1交差点の手前約16メートルの左側の路端には第1規制を示す路側型の道路標識が正常に設置されている
  2. 第1交差点の手前約5メートルの地点には第1規制を示すオーバー・ハング型の道路標識が正常に設置されている
  3. 第2交差点の手前約12メートルの左側の路端には第2規制を示す路側型の道路標識が正常に設置されている

反論書の提出

この弁明書によって、法的根拠のない規制標識に基づく不当・不法な取り締まりであったことを警視庁が自ら証明してしまいました。

そもそも法的根拠は「交通規制基準」(及び「道路標識設置基準」)です。その交通規制基準において、日、時間を限定する指定方向外進行禁止標識を設置する場合には

車両の進入を禁止する交差点の手前における左側の路端若しくは中央分離帯若しくは当該交差点に係る信号機(車両に対面するものに限る。)の設置場所又は車両の進行を禁止する場所の前面

交通規制基準によって定められている規制標識の設置である「左側の路端」や「進行を禁止する場所の前面」これらは運転者が規制区域に進行する際に容易に目視確認できるためのものです。

対して警視庁の主張する「手前約XXメートル」。手前ということは、規制区域に進行する直前に運転者が規制標識を目視確認できない(事前に通過してしまっている)ことを意味しており、明らかに上記条文から逸脱しています。

手前を例えるなら、交差点の停止線より後ろに信号機が設置してあり、その背中側の信号の表示で先の交差点の進行を判断しろと言われているのと同意です。

過去の判例からもルール違反の規制標識は無効であるとされています。

この事実からも、警察は不当・不法な取り締まりを行っていたことは明らかであるため、これらのことを反論書に記載、提出しておきました。

公安委員会が審査庁であることの問題点

上記にも記載のとおり、交通違反に伴う行政処分の処分庁は警察となっていますが、そもそも制度的に行政処分を下すのは各都道府県の公安委員会であることから、本来の処分庁は警察ではなく公安委員会であるべきです。

しかし、各都道府県の公安委員会メンバーは数名しかいない名誉職?であり、実務は各都道府県警察に委任、現実としては警察が仕切っています。

このように公安委員会と警察には密接な利害関係があることから処分庁を警察とし審査庁を公安委員会とすることは公平性の観点から疑問が生じます。

極端に言えば交通違反における審査請求は

ズブズブの利害関係者同士による茶番

となる可能性を秘めているのです。そして実際、過去の審査請求結果を見ても、ほとんどが棄却されているようです。

この茶番にどこまで付き合うべきか?悩むところではありますが、今のところ追加の出費などもほぼないことからお金のかからない程度にやれることを進めていきます。取り急ぎ反論書には「利害関係のない第三者の諮問による審理を求める」とも書いておきました。

まずは法的根拠のない取り締まりであったことに対して審査庁たる公安委員会がどんな採決を下すのか?見ものです。

治験モニター募集