アマゾンからメール「Amazonの出品者としての出品が停止となりました」

先日、何の前触れもなく突然アマゾンから

必要なアクション: Amazonの出品者としての出品が停止となりました

というメールが届きました。

正直なところ「はぁ?何言っちゃってるの?」

アマゾンマーケットプレイスへの出品なんてもう10年近くやっていませんし今後再開する予定もありません。それでもこのままでは気持ち悪いので対処だけはしておくことにしました。

メールの内容

届いたのはこんなメールです。

超ざっくりまとめると

  • このEメールの下部に記載されている出品情報を一時的に停止した
  • 対象の商品はASIN(s): XXXXXXXX
  • 停止の理由は出品者様の出品情報が他者の知的財産権を侵害している疑いがあるため

いや、だからぁ、もはや何も出品してないんだって!

対象商品

ASINで調べたところ、対象商品は2012年ごろに出品していたXBOX360向けのゲームソフトでした。一時期は積極的にせどりをしていたので以前には出品していたのかも知れません、いやきっとしてたんでしょう、覚えてないけど。

そしてこの商品、既にアマゾンのサイト(カタログ)から消えていました。要するに「もうこの商品は出品できないよ」ということなんでしょう。ちょっとググってみたところ、アマゾンが取り扱いを止めるとアマゾンのAIが過去の出品者にオートマチックにこのようなメールを送っているようです。

出品者としてのアカウント

この商品に限らず、もはやアマゾンマーケットプレイスに出品する予定は皆無の私ではありますが、出品者として育てたアカウントをあえて削除する必要もないためずっと放置していました。

せっかくなのでこの機会に現時点での出品者としての情報を確認することにしました。「アカウント健全性ダッシュボード」をチェックしてみると、、、

真ん中の項目「規約の遵守」の中の「知的財産権侵害の疑い」が「1」になっていました。もう出品を再開にしないにしても、このままの状態は精神衛生上好ましくないのでこれを消すことにします。

「知的財産権侵害の疑い」を消すためには

これもググってみたところ、やることはとってもシンプル。単に「該当のASINのSKUを削除するだけ」のようです。

そこでまずは「seller central」の「在庫管理」を開きます。

あまりにも久しぶり、懐かしい画面が出てきました。

どうやら私は過去にのべ728アイテムも出品していたようです。ただ、せどりを本格的にやっていたときのメインの場はアマゾンではなくeBay。eBayでは1500アイテムぐらい取り扱っていたのでこれでもその半分ぐらいですね。

この「在庫管理」から該当商品を選択し「商品と出品を一括削除」これだけでいいようです。

アカウントは改善されたか?

SKUを削除した日から改めて「アカウント健全性ダッシュボード」を確認していましたが、翌日、翌々日は何の変化もありませんでした。「1週間ぐらいで消えるだろう」と思っていたのですが、、、2週間経った今でもそのままです。

まあ、いいです。そのうち変化があるでしょう。

再発防止策

今回のようにアマゾンが取扱いを終了すると自動的に同じようなメールが飛んでくる可能性があるようです。この際なので今後も引っかかる可能性のあるもの、私で言えばゲームソフト系、これらは全て過去のハード向けなのでいずれサイトから消える運命でしょう。

ということでゲームソフト系のSKUは全て削除することにしました。これでもう大丈夫でしょう。

治験モニター募集