GbizIDでの申請にチャレンジ

6月中旬、毎年恒例の書類が届きました。

令和の時代なのになぜ今だに紙?しかも内容は原則前年度と変わらないのにっ!

そう思っていましたが、昨年から「GbizID」なるシステムを使えるようにしていたため、今回初めて、このシステムを使った電子申請にチャレンジしてみるとことにしました。

提出書類

無駄にカラー印刷されているものも含めて多数の紙が入っていますが、提出するのはたった1枚です(私の場合)。

被保険者報酬月額算定基礎届

たったこれ1枚を発送させるためだけにどれだけのコストをかけているんですか?アホですか?としか思えません。

電子申請

電子申請に関してはさらっとしか書いてありませんでした。

今年からだったか?一定規模以上の事業者は「電子申請のみ」となったはずですが、そもそもそんなところは以前から電子申請していたでしょう。

対して、今年初めて電子申請をやろうとしている私のような小さな事業者に対して、、、この紙に全ての説明を書くのは無理としても、別紙でもサイトでもいいのですが、とにかく普通に伝えようとする意思や努力を微塵も感じません。

GbizIDの取得

私一人の法人の場合、引き続き紙での提出でも全く問題ありません。ただ、私の性格やポリシー上、紙は全廃したので、この機会に電子申請に対応すべく以前にGbizIDだけは以前に取得しておきました。

ただ、この時点から嫌な感じしかありませんでした。ID取得後すぐにちょっと触ってはみたものの、、、「何をやらせたいの?」全く、1ミリも伝わってきませんでした。

UI/UXが最悪で何が必要なのか?全く伝わってこないクソ仕様でした。

届書作成

上記の作業で挫折した以降、すっかり放置していましたが、このタイミングで再び立ち上げてみました。

インターフェイスがまるで昭和、Windows95のイメージですね。

作成する資料はエクセルのcsv形式ですが、エクセルをインストールしていないユーザーもいるはず。今の時代、ブラウザ上の入力でよくないですか?

また、そもそもどの項目に何を入れたらいいのかも相変わらずさっぱり伝わってきません。仕方なく、昨年までの紙の資料を元に入力できるところは全部入力してみました。

電子申請、その結果

必要項目を思われるところは入植したものの、、、でっ???

たぶん「提出第るを作る」→「電子申請用」から申請するのだろうと進めてみました。その結果、、、

メッセージの吐き方が意味不明で全く伝わってきません。ファイル形式が違う?いやいや、こっちは何の操作もしていないってっ!

もういいです。試行錯誤して準備してみましたがアホらしいのでもう止めます。

もっと深堀りしてきちんと調べれば正解まで辿り着けるのでしょうが、、、そもそもこの作業にそこまでのモチベーションはありません。だって、紙1枚、去年と同じことをサクッと書いて終わりですから。

デジタル庁が立ち上がって数年後にはもっとまともなものになっているでしょう。それまでは既存の紙でやり取りを継続します。

逆に言えば、今、このタイミングで親切丁寧な

GbizIDを使った算定基礎届の電子申請のやり方

なんて解説サイトを作ったらそれなりのアクセスは狙える?気がします。