Uber Eats 配達中の交通事故の被害者として任意保険を使い倒す

ある日突然、交通事故の被害者となった私ですが、不幸中の幸いなのは身体に大きな被害を受けなかったこと。バイクは相当のダメージを受け廃車かっ!?という状態ですが身体は多少ダメージを受けた程度。少なからず痛みはあるので通院はしていますが、生活に支障を与えるほどのものではありません。

業務中の事故にも適用できる任意保険

現在、私が加入している任意保険は 損保ジャパン

アクサダイレクトにも「業務用」とつく割には保険料が安いバイク向けの任意保険があります。しかし、「人や荷物を有償で運ぶ業務は対象外」であることが明確に表記されています(当時は別ページに記載されていたため分かりづらかったのですが)。実際、直接アクサに問合せメールを送り

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送は保険適用範囲外である

ということも確認しました。

私は当初、保険料の安さに惹かれてアクサに入ったのですが、これらのやり取りによりウーバーイーツの配達が対象外ということを知ったため、慌てて損保ジャパンに切り替えました。

そんな損保ジャパンの保険料、実はアクサとほとんど変わりませんでした。

弁護士特約の有効性

もらい事故等の被害者であればお金の心配はあまりないのかも知れませんが、相手が無保険の場合、その後の交渉が大変です。また、自分の過失割合が0の場合、こちらが加入している任意保険の示談交渉チームは動いてくれません。その理由は「自分たちの負担が0だからやる必要がない」。

さらに、先のブログでも取り上げたように「自賠責」「任意保険」「弁護士」どこが対応するかによっても、被害者として得られる損害賠償額が大きく変わる可能性があります。

逆に被害者としてではなく自分がいつ加害者になるかもわからない等々、長時間・長距離の運転には様々なリスクがあることを考慮しておく必要があります。

  • 転ばぬ先の杖
  • 備えあれば憂いなし

自賠責に入っていることは当然として、今どき自転車でも任意保険が必要な時代。バイクなら任意保険に絶対入っておくべきです。そしてその際はぜひ弁護士費用特約を付けて下さい。

弁護士特約があれば、こちらの過失割合が0でも弁護士が動いてくれます。しかもほとんどの場合、特約の費用負担の範囲内に収まるはずなので実質無料、持ち出しなしです(実際には特約分の保険料を先に払っていますが)。

本件において、私は既に弁護士を入れて相手方と交渉をはじめてもらっています。まだ何ら決着していませんが、とりあえず物損に関しては

0 vs 9

これだけは合意できました。がっ!しかし、、、あとになって人身チームがチャチャを入れてきたらしく、一旦この合意を白紙撤回するよう求めてきたとのこと。さすがは悪名高いタクシー共済です。それでも、その後の交渉により、過失割合に関してはこの数字でまとまる方向で進んでいます。

こちらの過失が0、そしてこのような相手であっても、こちらも交渉のプロである弁護士が動いてくれる、そして損害賠償もきっちり回収が見込める、これだけでも特約分の費用はあっという間に償却できていると受け止めています。

搭乗者傷害特約一時払

人身・物損の賠償交渉は弁護士に任せるとして、現在加入している任意保険には私単独で動ける別の制度もありました。それがこの搭乗者傷害特約一時払。

簡単に言えば

  • 治療のための通院が1日~4日で1万円
  • 治療のための通院が5日以上で10万円(骨折などしていない場合)

この特約は「相手方との示談交渉の進捗とは無関係に」「自分で保険会社に請求すれば受け取れる」というもの、もらわない手はありません。

ちなみにこれは特約、この給付によって来年の保険料が上がることはありません。これだけでもう2年分の保険料は回収できてさらにお釣りが出ます。

手続き

5回の通院を終えてすぐ申請することにしました。残念ながら私の通院はまだ続いていますが、軽症なら5回で治療が終わることもあるでしょう。

書類は請求書と申告書の2つのセットでした。

難しいところは特になく、住所氏名、振込先の口座番号を書くぐらいのとてもシンプルなもの。ササッと書いてチャチャと発送しておきました。

発送から2日後、保険会社から受領の連絡が届きました。そしてそこからさらに数日後。

着金!

引き続き弁護士に対しては、以下の損害に対する賠償費用の先払いをしてもらうよう交渉をお願いをしています。

  • 修理代
  • 休業補償

人身分の賠償請求は全ての治療が終わってからになりますが、まずはデリバリー業務の再開を早期に実現したいと考えています。