シニアの副業:このタイミングではじめるのもあり?ヱヴァンゲリヲン(エヴァンゲリオン)のせどり

ヱヴァンゲリヲン新劇場版3部作、無料公開中

コロナ禍により各企業も色々なサポートを行ってくれています。

そのひとつが(株)カラーによるヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズの過去3作の無料公開。以下のYouTubeだけでなく公式アプリ「EVA-EXTRA」でも見ることができます。

シンジ、アスカ、レイ、マリ、カヲル、、、、嬉しい!しかありません。

最初はテレビシリーズとほとんど同じ流れで「単なるリメイクかぁ」と思ったものですが、、、実は似て非なるもの、世界線の違うストーリーとなっていたことが新鮮に感じたあのころを思い出しました。

「序」の山場は有名なヤシマ作戦です。

そして次回予告で懐かしい「サービスサービス!」も。

アスカは名字だけでなく人間関係も大きく変わっています。

また、いきなりマリも登場し???ってなったことを思い出します。

カヲル君!

本当なら2020年には完結編がリリースされるはずだったのですが、今の状況ではそれも不可能となってしまいました。

ただ、逆に前向きに捉えるならば

当時は乗り遅れたけど今なら追いつける!

そんなチャンスでもあります。

さらに時間が余っている方なら、途中から大きく話しが異なってくる劇場版とTVシリーズも全話チェックし、より深くこの世界観に没入していただければと思います。

ビジネスチャンス再来?

新型コロナ問題は残念ですが、逆に今まで観れなかったものがまた観れるようになるということは、昔のファンならその熱い気持ちが再燃する可能性もありますし、新しいファンが増えることも期待できます。

特にヱヴァ(エヴァ)には元々コア・マニアックな層が存在していますが、この無料公開によりにわかも含めて一気にファン層が広がる可能性も十分あるでしょう。

ということはそこに

新しいビジネスチャンスが発生する可能性も高い!

この機会に何らかのアクションをすることもアリだと感じます。

王道のひとつはフィギュア

アニメファンは世界中に広がっています。特にエヴァンゲリオンにはマニアックな層が多く収集癖がある方も多数存在しています。

そんな方向けに、私は過去にebayを利用してフィギュアの転売を行っていました。

私は当時、フィギュア界の中でも大手である「グッドスマイルカンパニー」「コトブキヤ」そして「海洋堂」を中心に仕入れていました。

エヴァンゲリオンの場合は、可動するフィギュアの人気が高かったと感じ、グッドスマイルカンパニーのブランドである「Max Factory」のfigmaシリーズ、そして海洋堂の「リボルテックヤマグチ」を中心に扱っていました。

当初はせっせとアマゾンの出品者から1個ずつ仕入れていたのですが、売れることがわかってからは仲卸からカートン単位で仕入れるようにまでなりました。

この13号機は当時バカ売れしました。

確か再販品を問屋から48個仕入れ、利益率30%ぐらいでも1週間経たずに完売させた記憶があります。

逆にfigmaシリーズは当時再販がなかったため仕入れが高値安定で全く売れなかった記憶があります。

面白いのはヒロインクラスの3体とも(ほぼ?)同じ定価なのに売価が全然違うこと。これぞ需要と供給のミスマッチですね。このGAPをつくことが商売の秘訣でしょう。

もしかしたら完結編リリース後はマリが大人気になるかも!?それを見越して今から仕入れておく、という発想も面白いと思います。

ビジネスの基本

安く仕入れて高く売る

これが大原則なのは間違いありません。

ただし、そこに「需要があること」これが重要です。

いくら安く仕入れられた、アマゾンマーケットプレイスを見ても高値で売られている、だけでは足りません。

売れて初めて利益確定

売れないことには何の意味もないです。

売れるものを調べて、安く仕入れて、利益を乗せて売ってみる、今なら時間もあってそんなことができる環境の方も多いことでしょう。

まずはやってみる

ぜひこの機会にはじめの一歩を踏み出してみて下さい。