Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー、ドライバーアプリの使い方

2020年5月5日

もはやコロナ禍でのセーフティーネットのひとつにもなっていると感じるUber Eats 配達パートナープログラム

実際に私を介してデビューする方も出てきたので、全体の仕事の流れに関してマニュアル的なものを作ることにしました。

ただし、これは2020年5月上旬現在の情報です。

また、スクリーンショットは全てiPhoneでのものでAndroidでは多少異なることをご了承下さい。

さらに、日付や時間などはマチマチですのでそこは気にされないように。

配達をするその前に

マッチングアプリである

そもそもUber Eats フード注文

出前アプリではありません(キリッ!)

ここを勘違いしている注文者や配達パートナーが多いことも現実です。

ウーバーイーツという仕組みは、お店と注文者とを繋ぐマッチングサービスという位置付けです。すなわち

マッチングできてはじめて料理が運ばれる

という機能なのです。

  1. 注文者はウーバーイーツというプラットフォームを利用して店舗料理を注文
  2. 注文を受けた店舗はウーバーイーツに配達パートナーのマッチングを依頼
  3. ウーバーイーツが配達パートナーを探す
  4. 配達リクエストを受託した配達パートナーが商品を注文者まで運ぶ

という仕組みであり、安くて速い「場合もある」というサービスなのです。

逆に言うと「マッチングされないと料理届かない」ため、料理の到着時間はコミットではなくあくまでも目安でしかないということです。

最悪は「マッチングできなかったため届けられない」とウーバーイーツ側からキャンセルされるということもあり得ます。

出前として確実に料理を届けて欲しいなら、そのお店独自の出前システムを使うなり「出前館」のサービスを使ってもらうなりするしかありません(その分最低注文料金があったり配達時間が遅い設定しかできない等のデメリットがある)。

お客様はウーバーイーツ

さらに配達パートナーにとって注文者は直接のお客様ではない!ということも言えます。

  • 配達パートナーから見たお客様 → ウーバーイーツ
  • 店舗から見たお客様 → ウーバーイーツ
  • ウーバーイーツから見たお客様 → 注文者、店舗、そして配達パートナー(それぞれから手数料を徴収)

こんな関係になっています(だからこそ「注文者」という表記にこだわっています)。

このことから、例えば店舗や配達パートナーが注文者に対して領収書の発行はできません。領収書を発行できるのはウーバーイーツだけです。

こんな関係性であることからも、配達パートナーは何らかのトラブルに遭遇した際には、勝手に個人がその場で解決させようとするのではなく、必ず業務発注者であるウーバーイーツに連絡し指示を仰ぐ必要があります。

アプリのダウンロード、インストール

既にドライバーとして登録完了できている前提からはじめます。

まず間違えないでいただきたいのが、こちらのアイコンのアプリは注文者用のアプリです。

このアプリは料理を頼む方のアプリですのでお間違えないように。

ドライバーアプリはこちらのアイコンです。

アプリの使い方

ドライバーアプリのオン・オフ(オンライン・オフライン)

アプリのインストール後、アイコンをタップするとアプリが立ち上がりこんな画面になります。

まず、Google Map上に現在自分がいる位置が中央に表示されます。そして下段には「オフラインです」と表示されているはずです。

(配達パートナーとして登録が完了してから)この状態で下段の

を押すとジャーン♪と音がなり「オンライン」、配達リクエストを受ける状態になります。

下段の「ほとんどの乗車が対象」とは「現金を受けない」設定の場合の表示です。

ただ、デビュー間もないときは現金対応できないので別の表示(「オンラインです」とか?)になっていると思います。

あとは鳴る(リクエストが届く)のを待つだけ!

なのですが、、、新人の間はなかなか鳴らない設定のようです。

そこを乗り越えないと次のレベルに達しないのでひたすら我慢して鳴るのを待ちましょう。

自宅やオフィスで待機しながら待つでもいいですし、積極的に移動してなる場所を探し続けるでもいいです。

そのうち必ず鳴ります

ちなみに、「オンライン」状態から「オフライン」に戻すためには右下の3本線をタップ。

「オフラインにする」で切り替えできます。

Posted by まるし