違反点数リセット&免停回避のための「違反者講習」を受けてきました

先日届いた不幸の手紙?

最初に指定されていた日程は都合が悪かった、さらに府中試験場ではなく江東試験場で受けたかったため、事前に電話して変更してもらっていました。

今回、その講習を受けてきたので、その内容をレポートします。

江東なら東西線で1本

自宅からの直線距離ならもしかしたら府中のほうが近いのかも知れません。

ただ、公共交通機関を利用して府中に行くにはどうしてもバスを利用しなければなりません。

対して江東なら東西線で1本、しかも駅から徒歩数分。

私が利用する中野駅なら東西線の始発もあります。

なので中型・大型バイク免許取得の際にも江東を利用していました。

ということで今回も江東へ。

違反者講習を受けることによって得られる効果

  • 反則点6点がこの日に0にリセットされる
  • 30日の免停という行政処分も受けないため免停の前歴もなしとなる
  • ただし、違反した事実は残るのでゴールド免許の対象になるには数年かかる

免停の前歴があると2回目のハードルが一気に上がる(下がる?)ことになるため、この差は大きいです。

どう考えても受講しない手はないでしょう。

1日のスケジュール

当日体験コースを選んだ場合(たぶんほとんどの人はこちらのコースを選ぶと思います)、朝から夕方までみっちり7時間コースです。

ただ、細かく休憩も入るのでそこまでシンドい感じもありませんでした。

  • 09:00-09:40 全体説明、免許証回収、適性検査40問
  • 休憩
  • 10:00-10:50 教本「事故から学ぶ安全運転」
  • 休憩
  • 11:00-12:00 適性検査結果配布、教本続き
  • 休憩
  • 13:00-13:05 免許証返却
  • 休憩
  • 13:15-14:30 シミュレータ(注)
  • 休憩
  • 14:50-15:15 ビデオ視聴
  • 休憩
  • 15:30-15:55 感想文

(注)本来、実技としてはAコース(実車)とBコース(交通安全活動)が準備されています。しかしこの日は天気が悪かったため街中での安全活動は中止、代わりに試験場内の別の部屋のシミュレータを使っての訓練、ということになりました。AコースよりBコースのほうが3,450円安い、そして同じ館内の別の部屋、、、、この日の出席者全員がBコースを選択しました。

講習終了

最後の感想文もいくつかの項目に分かれており、それぞれ1行~2行程度書くだけ。

採点があるわけでもなく書けば終わります。

そして最後に終了証書をもらって解散です。

既に相当意識していますが、これからは取締りを受けないよう注意し安全運転をより心がけます。

あとはこれですね。

不適切な取締りに対しては断固抗議、拒否です。