シニアでもできる:壁に穴を開けずにアンテナケーブルを引き込む

2020年10月14日

干支からも分かるとおり、もはや中老の域に達している私、ですが、、

毎クールのアニメが大好物

以前、ebayやamazonを使ってECをやっていたのですが、そのときの商材がアニメ関連でした。

ebayでは最高1,000アイテム以上取り扱っていたのですが、全く知らないものは取り扱いたくはなかったため、日々アニメを見て勉強?していました。

その流れもあって、今も毎クールの新作や2期目、3期目、さらには再放送を楽しみにしています。

室内アンテナでも視聴可能だった

今のオフィスに引っ越した際、テレビアンテナが引き込まれていませんでした。

実際にはあるにはあったのですが、築40年以上の建物に付いていたのはアナログ放送時代のVHF用アンテナ。

アナログ時代、東京の電波は東京タワーから送信されていましたのでアンテナはそちらに向けていました。

しかし、時代はもはや「地デジ」と言う必要もないぐらい、デジタル当たり前になっていますが、そのデジタル化に伴い電波もUHF帯に切り替わったため、VHF用のアンテナは使えなくなっていました(地デジはスカイツリーからの送信です)。

そこで、仕方なくアンテナを購入することに。

それでも、ここは腐っても大都会東京。

建物の屋上からはスカイツリーも見える強電界地域と思えるエリアだったので

室内アンテナだけでイケるんじゃ

ダメならブースター後付等も考えながら、まずは安くて場所を取らない平面アンテナを選んでみました。

それを窓にペタっと。

(ガムテープの痕が汚いですね)

今はブースター付きが普通に売られているようですが私はブースターなしタイプ。

鉄線入りのガラスだとさらに電波が減衰してしまうのですが、それでもキー局は全チャンネル普通に映りました。

さすが強電界地域。


HDTVアンテナ、2020年に最新の室内TVアンテナ、100KM受信範囲、シグナルブースター付き、4K HD無料ローカルチャンネル、全種類なテレビに対応 (90km)

録画失敗多数

毎クール、新作を一気に録画予約。

たまに番組の時間帯が被ってしまうこともあるので自宅とオフィスの2台体制です。

ただし、新作全てを視聴し続ける気にもなれないので、自分に合わないと感じたものはバンバン切っていきます。

一般的に、3話までに刺さるものがなかったら切る(観ない)、ということが多いので

3話切り

とも呼ばれます。

コロナで大幅に放送スケジュールが狂ってしまったものもありますが(進撃の巨人など)、それでも10月に入ってバンバン新番組がはじまりガンガン予約。

小刻みにひとつずつ録画再生していたのですが、、、

んっ?ちゃんと録画できてないぞ

番組の一部が飛んでしまっているものがポツポツありました。

最初はHDDの不具合かと思っていたのですが、テレビに何やらメッセージが残っていることを発見、それを見てみると

正しく録画できませんでした

えぇぇ、そんなことあるの?

2年以上ここにいますが初めての経験でした。

(ちなみにこの番組はこの前の週で一旦終わったので放送すらしていなかったのですが)

アニメと言えばTOKYO MX

東京でアニメを観ると言えば、その大半、いや80%以上がMXです。

そのMXですが、東京ローカルの地方局のため、一般的なキー局よりも送信出力が弱くなっています。

そのせいもあって、他のチャンネルとは受信状態が異っていました。

コンスタントにこのレベルなら問題ないのですが、このときだって外はいい天気なのに60台~80台を行ったり来たりのとても不安定な状態でした。

雨で電波が減衰?

振り返れば先週は台風14号の影響で東京では長雨が続きました。

雨で電波が減衰することもあるにはあるのですが、大きな影響を受けるのはさらに高い周波数を使っているBS/CSであり、地デジではほとんど影響がないと言われています(雪の日なんてBS/CSは映らないことも多々あります)。

となると、他に考えられる原因は、単純にスカイツリーとオフィスの間にビルなどの障害物が増えているということ。

私のオフィスは2F、そして室内アンテナ。

ちょっとした障害物でも影響を受ける可能性があります。

ビルの新築、大規模修繕、さらに雨で、、、ということは十分考えられます。

原因は何でもあれ、まともに録画ができないのでは意味がありません。

そこで仕方なく外部アンテナ、要するに普通のアンテナを導入することにしました。

もらいものを流用

実は以前、上階に住んでいた方が屋上に設置したアンテナがあるのですが、その方が退去された際にそのままにしていかれました。

次の入居者の方にでも使ってもらって下さい

そう言い残して引っ越していきました。

、、、、、

いただきます

小さく見えるのがスカイツリー。

引き込むための小物を準備

アンテナケーブルを外から室内に引き込む王道はエアコンダクト、なのですが、、、

私のオフィスでその穴を流用するためには10尺ぐらいの脚立がないと届かない位置でした。

仕方ないので別の手段を使いました。

それは

フラットケーブル


Haian Support フラットケーブル アンテナ ケーブル F形接栓 すき間ケーブル TV テレビ アンテナケーブル 地デジ 1本入 約31.8cm 折り曲げ可能 信号導入 サッシ/窓用/室内引き込み用 両面テープ付

これなら壁に穴を開けることなく、室内にケーブルを引き込めます。

届いたのはこちら。

シンプルな梱包?でしたが動作さえすれば梱包なんて気にしないタイプです。

これをこんな感じでセットします。

ここが築40年超のボロだからかも知れませんが、サッシの閉まりには全く影響ありませんでした。

ただ、室外と室内、それぞれ一旦分断されるので、延長ケーブル的なもので繋ぐ必要があります。


HORIC アンテナケーブル S-4C-FB同軸 7.0m ホワイト BS/CS/地デジ/4K8K放送対応 両側F型ネジ式コネクタ ストレート/ストレートタイプ HAT70-115SSWH

日本アンテナ F型接栓 5C用 2個入 F-5-SP

電波状態を再確認

チャチャッとケーブルを繋いでテレビに接続。

そしてもう1回、電波強度を確認してみました。

その結果

これならもう大丈夫でしょう。

今後は安心して録画したものを視聴できます。