シニアの副業:「menu」Uber Eats以外の選択肢

ギグワークの代名詞「Uber Eats」

以前から本業とは別にUber Eatsの配達パートナーとして働いていることは過去のこのブログで何度も書いています。

年齢や性別を問われることない、自分の都合に合わせて働ける、それでいて本気で取り組めば本業並に稼ぐことも可能という魅力的な働き方です。

さらに、昨今の新型コロナウイルス問題により働きたくても働けない、科学的根拠の乏しい自粛要請で収入が途絶えてしまった方の救世主にもなっています。

正に働き方改革の代名詞とも言える存在だと思います。

問題点が目立ってきた

しかし、ビジネスの拡大と比例して色々な部分が悪目立ちするようにもなってきてしまいました。

誰でも簡単にできてしまう弊害

日本語の読み書きができない外国人、社会人として常識に欠ける行動、交通事故等々がネットを賑わすことも日常茶飯事です。

先日はとうとう自転車で首都高を走る姿までニュースになってしまいました。

また、このコロナ禍で一気に配達パートナーが増えました。

どこを走ってもパートナーだらけ。

需要と供給のアンバランスが発生していることを肌で感じています。

どこを向いているかわからない運営

様々な問題が日々発生しても効果的な対策を打てず、我々パートナーからすれば何がしたいのか全く見えてきません。

テストもしないまま(のように感じる)頻繁なアプリのアップデートに伴う未知のバグ発生連発、デリバリーアプリなのに配達先の不備、全く会話の成立しないサポート、、、

唯一、具体的に見えてくるのはパートナーに対する報酬減ぐらいです。

セカンドオピニオン

いくら副業と言えども、さらには本業並に働こうとするのであれば、足元が不安な状態では本気で取り組むことなど到底不可能です。

もしかしたらもっと大きなトラブルが発生しサービス停止・日本撤退や停止しないまでも注文数激減で収入にならない、ということだってないとは言えません。

何かひとつに全てを依存することは危険

ふたつを比較して初めて知れることもたくさんあると思います。

今さら新しいことに取り組むことは正直面倒くさいシンドいのですがリスクヘッジも必要、もはや背に腹は代えられないと考え、一歩踏み出すことを決意しました。

いくつかの選択肢の中から選んだのは「menu」

既に東京では複数のデリバリーサービスが乱立しています。

それぞれに一長一短があると思うのですが、私の条件は基本的にUber Eatsと同じです。

時間や組織に拘束されることなく好きなときに働き好きなときに休める

これだけでなら他のサービスでもいいのですが、実はもうひとつの拘りがありました。

それは稼働エリア。

実は最近の私はUber Eatsにおいても稼働エリアを相当限定してやっていました。

簡単に言えば競争過多、さらに行きたくなエリアの飛ばされる可能性の高い繁華街を捨て

自分の土地勘のあるエリアを中心に稼働する

このふたつの条件を満たせる働き方を意識した結果、私は「menu」というサービスを利用することにしました。

サービスエリア

2020年5月23日から少しエリアが広がり、私のやりやすいエリアが対象となってきました。

希望としてはさらにエリアが西に広がることを願っています。

配達クルーとしての登録方法

Uber Eats同様、というよりさらに簡単です。

まずはメールアドレスを登録。

必要事項を入力して承認される(数日かかります)と追ってパスワードが送られてきます。

その後、アプリをダウンロードしインストールします。

インストールしてアプリを立ち上げるためには送られたきたパスワードが必要となります。

そのパスワードはSNSで届くのですが、、、

以前このブログでも取り上げたことのあるポイント交換サイト「PeX」と同じ電話番号で送られてきました。

親会社・運営会社が同じなんでしょうね。

登録したメールアドレス及び送られてきたパスワードを入力してサインインします。

サインインするとアプリが立ち上がります。

最初は顔写真が入っていませんがその日のうちに反映されます。

RPG風に経験値を積んでレベルアップしていくような仕組みになっています。

次回は実際に稼働したときのことをアップする予定です。

このデリバリーサービス「menu」にも紹介コードがありますので、それを使っていただきデビューされる方はSlackを使ってサポートします。

ご興味のある方はこちらからご連絡下さい。