マイナポータルでできること

10万円の給付金をネットで申し込むために先に準備したアプリ

マイナポータル

やはり皆さん気になっているようで、いつになく私のブログへのアクセスが多かったです。

ただ、まだ申込方法も日程も決まっていないため、このままでは宝?の持ち腐れ。そこでせっかくアプリを入れたのでまずはその使い勝手を検証してみました。

センスを感じないスマホアプリ

先の記事でも最初に書いていたことを訂正していますが、スマホでログインするためにカード情報を読み込ませることがけっこうセンシティブです。

金属製ではない台の上で位置もしっかり合わせないと「読み込めないっ!」なんてこともあるのでお気をつけ下さい。

私の場合、スマホの上辺がカード面の住所の位置、そのあたりでしか読み込みできませんでした。

さらにこのアプリ、ログイン用のランディングページ(トップページ)でしかないようです。

ログインするとスマホのブラウザ(iPhoneだとSafariになるのでAndroidだとChromeになるんでしょうね)で処理することになります。

しかし、残念ながら一部のページはレスポンシブ対応になっていませんでした。その結果、ページによっては1画面内に情報が入りきっていないため現状ではとっても使いづらいものになっています。

既に老眼の進行が加速して小さな文字が読みづらくなっている私、特に夜など周りが暗いときは全くピントが合わないためスマホでの操作は苦痛です。

そこでPCでもマイナポータルを確認してみました。

PC版マイナポータル

老眼に優しいトップページです。

利用者登録

「利用者登録すると使える便利な機能」と表示されていますが、その中身はスマホで見れるのと同じもの。

PC上のトップ画面からの流れを考えると中段にある「利用者登録はこちら」のリンクを押すことになるのでしょう。実際、それを押してみるとChromeの機能拡張のダウンロードに誘導されました。

しかし

スマホで同じものが見れるのにわざわざ利用者登録する必要があるのか?

ということで今回はスキップ、すなわちダウンロードしないままで先に進めてみました。

ログイン/利用者登録はこちら

機能拡張を入れないまま、下段の黄色く括られた部分からログインを試みます。

選択肢はふたつ。

ICカードリーダライタ or 2次元バーコード

しかし、私は最新のICカードリーダライタを持っていません。SuicaやEdyでリリースされた当時の超古いものしか持っていないため今回は2次元バーコードでのログインを試みます。


ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

「2次元バーコードを使ったログイン/利用者登録」を押すとPC画面上にバーコードが表示されます。そのバーコードをスマホのマイナポータルにある「2次元バーコード読取」を使って読取ります。

正しく読み取れるとPCの画面が遷移しトップ画面となりました(ということでChromeの機能拡張をインストールせずとも利用可能となりました)。

PC版マイナポータルでできること

ただ、現時点でやること・やれること・やらなくてはいけないことってないんですよね。なのでお試しで「あなたの情報」の中身を見てみました。

プルダウンメニューになっておりいくつかの選択肢があります。

試しに「社会保障(年金)」をクリックしてみるとこんな画面に。

このページが表示されただけ。

でっ???何???

さっぱり意味がわかりません。

何も変化がないので右の「再読込」を押してみたところ、、、

「閲覧可能」

となり中身が見れました。が、、、今必要なものではありません。

10万円給付金申請の流れ

給付金の申請がどうなるかはまだわかりませんが、少なくても既にマイナンバーカードを持っている人は

  • このサイト/アプリを使って申請できる
  • こっちのほうが楽(のはずそうであってくれ

なので、今のうちから操作に慣れておいても損はないかと思います。