【年末調整】一人社長の年末調整

毎年この時期になると送られてくる年末調整関連資料。年に1回しかやらないため、毎回のように自分の過去のブログを振り返って処理しています。

そもそも私の場合は提出する必要のないものが多いのですが、それでも作成・保管の義務はあるため、それだけはやっつけています。

国税庁のDX化のセンスのなさ

毎年のように改善はされているようですが、、、そもそものUI/UXが最低、そこに小さな改善をされてもクソなものはクソ。

年末調整手続の電子化に向けた取組について

PCで操作させるならソフトのインストールではなくブラウザでやらせて下さい。そしてスマホアプリのほうは、、、

前年同時期の評価は「1.9」、それが今年は「1.8」。触る気にもなれません。ということで例年通りの処理をすることにします。

各種申告書

各種申告書は以下のサイトからPDFをダウンロードできます。

各種申告書・記載例(扶養控除等申告書など)

私の場合は「扶養控除等申告書」「基礎控除申告書兼配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書」「保険料控除申告書」の3つ。

PDFをダウンロードし自分のPC上で入力して保存、それだけです。保険料控除申告書の内容は確定申告で活用できるものの、それ以外は正直何のために???と思ってしまいます。

源泉徴収高計算書と法定調書合計表

年末調整とは別の手続きなのですが、年末調整のお知らせと一緒に入っているので、同じタイミングでやっつけます。

どちらも記入する部分はとってもシンプルなのでこれらこそDX化してネットで済ませて欲しいものです。

源泉徴収高計算書

年に2回、税務署に提出するもの。

源泉徴収したものがなくても「0円」で提出しなければなりません。

給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表

黒枠は提出者、自分の会社を書くだけです。赤枠は1年間の給与額、そして青枠は「該当なし」と書いて終わりです。

来年も同じように全てを忘れていることでしょう。

治験モニター募集