2019-2020:10年以上通い続けているカレー専門店

2020年3月20日

複数店舗を擁するオリジナルカレー専門店

国民食とも言えるカレー。

私は小学生時代から常に「一番好きな食べ物はカレー」と言い続けていました(最近は餃子のほうが上?)。

そんな私が大人になってからハマったお店は

もうやんカレー利瓶具

私が西新宿でサラリーマンをしていた時期、2006年~2012年ごろまでヘビロテしていたお店です。今は離れたところにオフィスを構えているのでさすがにもうヘビロテはできませんが、今でもチャンスがあれば行っています。

広いお店でゆったり食べられるところが気に入っています。また。十二社通りにはパーキングメーターがたくさん設置されているので車で行っても安心ということもあります。

近くの青梅街道沿いには「もうやんカレー大忍具」もありますが、こちらはちょっと箱が小さく、お隣との距離感や盛り付けを待っている客の視線が気になってしまうため、私の価値観では

利瓶具 >> 大忍具

なのです。

西新宿以外では池袋、新橋のお店にも行ったことがあります。お店の外観からカレーの味まで全て同じテイストで作られているため、パッと見でわかる、食べて安心同じ味、が嬉しいです。

現在では渋谷や大手町、さらには横浜、名古屋にも展開している有名店です。

1,100円のランチビュッフェ

なんと言ってもお気に入りはランチビュッフェです。というよりこれしか利用したことがありません。

お店によってメニュー構成が若干異なりますが、複数のカレールーとご飯、うどん、タンドリーチキンなどが準備されています。

さらにはサラダ的に食べれる生野菜なども置かれています。私が行ったことのあるお店では利瓶具のサイドメニューが一番充実していると感じることもお気に入り店舗の理由のひとつです。

正にカレーは飲み物

ビュッフェなのでついつい食べすぎてしまいます。また、そもそも使われている皿が相当大きいため、あまり盛っていないようで実はたっぷりなんですよね。

それを2回転、3回転とできてしまうのがカレーの恐ろしさ。おかわりしてしまうともうその日は何も食べなくても大丈夫です。

唯一無二のカレーが魅力

ビュッフェで安いのも嬉しいですが美味しくなければ意味がありません。

料理の好みは人それぞれ、Aさんには美味しく感じてもBさんには不味いと感じるものなんて世の中にいくらでもあります。私だっていまだにパクチーは食べれませんし、パクチーのみならず東南アジア系の多くの料理はダメです。

こちらのカレーは日本人が作った日本のカレーではあるものの、その中でも相当独特なテイストなので最初はんっ???と感じる可能性がありますし、人によってこの味に合う合わないもあるでしょう。

それでも長い間、人気を維持していますし、私自身も今でも通うほどお気に入りです。

広告