安心安全が最優先

弊社では入居者様の安全安心を常に心がけております。

 

今、巷で流行っている民泊(Airbnb)は、先日、国内では初めて太田区で条例が制定されましたが、そこ以外はまだ何も決まっていません。

そんな状態ですが、物件は東京や大阪、京都を中心に日々どんどん増えています。

しかし、現時点で太田区で認可を受けた物件以外は完全にグレーゾーン、というよりほぼブラック、違法操業状態となっています。

これらを経営している個人、法人はもちろんそんなことは承知の上でサービスを提供しているのです。

 

ここは想像ですが

 

・当面規制されることはない

・捕まるなんて考えてもいない

・規制されたら止めればいいだけ(規制に準拠するのはたぶん難しい)

・利益が取れるうちに取っておこう

 

そんな考えかと思いますが、こんなことでは将来に渡って物件を維持、サービスを提供することは難しいのではないかと考えます。

極端に言えば、ある日突然手入れを受け、その場で逮捕、その日からサービスを提供できないなんて可能性も十分あります。

 

シェアハウスにおいても、一時期は粗悪な物件が提供され、悪いイメージを流布された時期もありました。

今現在も厳密な規制はなく、役所からの通達によって現状をキープできているような状態です。

 

弊社では法令遵守は当然のこととして、それ以外にも出来る限りの安心安全を求めて常に対策を講じています。

ひとつは「賃貸住宅管理業者」としての登録です。

国土交通省に申し込み、正規な手続きを持って登録をしております。

 

また、契約に関しても国土交通省のドラフトを流用しており、入居者様に不利になる条項などは入れておりません。

さらに、第二種電気工事士の免状も保有しておりますので、適法で電気工事を行えます。

 

今年も新たな資格にチャレンジする予定であり、今後も安心安全を追求していく所存です。